テサラン 持続性

テサランの持続性はどれくらい?72時間は嘘だった!

 

 

 

テサランを購入する前に確認しておきたい点として持続性が挙げられると思います。

 

1回の使用でどれくらい長く続くの?

 

ということは気になるところですね。

 

1時間〜2時間などあまりに持続性がないと、すぐに使用しなくてはいけなくなりますしコストも高くなってしまいます。

 

テサランの効果はどれくらい続くのか?ということについて実際に体験した感想をお話します。

 

 

テサランの72時間の持続性は嘘!

 

 

 

テサランの公式サイトには72時間効果が持続する!

 

と書かれていますが、日常生活ではまず無理です。

 

テサランの手汗を抑える効果は3日も続きません。

 

もしかすると、テサランを使用して何もせずにじっとしていれば72時間持続するのかもしれませんね。

 

なぜ日常生活ではそんなに長続きしないのかと言うと、

 

 

  • 手を洗う
  • 物を触る

 

 

などが行われるからです。

 

テサランは水をはじくように出来ていますが、何度も手洗いするとさすがに落ちてしまいます。

 

手が物に触れることによる摩擦でも少しづつですが、テサランの効果は薄れていっています。

 

ということから公式サイトに書いてある72時間の持続はできないということです。

 

ではどれくらいの持続性があるのでしょうか?

 

 

1日中手汗を抑えることができる

 

そもそも1回の使用で72時間も持続する必要はありません。お風呂にも入りますよね。

 

テサランに求める持続性は「1日中手汗を抑えられるのかどうか」ということに違いありません。

 

1日中手汗を抑えることができれば、持続性としては100点です。

 

24時間手汗を抑えることができるということはテサランがあれば二度と手汗に悩むことはないということです。

 

そしてテサランの持続性について実際に体験した感想は、1日中手汗を気にすることがなくなりました。

 

体験談については、「テサラン口コミ」に詳しく紹介しています。

 

朝1回だけテサランを使っておけば後は夜まで手汗が出ません。

 

そして夜にもう1回だけケアして寝ます。

 

これを毎日続けることでいつも手はサラサラです。

 

 

 

テサランは72時間も持続性はありませんが、24時間手汗を抑えることができるということが結論です。

 

お風呂に入ればテサランのコーティングも落ちてしまうので72時間(3日)も持続性を保てるわけありませんしね。

 

テサランで1日2回ケアしていくうちに通常の状態(テサラン未使用)でも手汗が少なくなっていくので使っていくうちに持続性も伸びていくと思います。

 

テサランは1日は効果が続くので持続性としては文句なしです。