テサランはなぜ手汗が止まる

テサランはなぜ手汗が出ないのか?

 

 

手汗に悩んでいる人は意外とたくさんいるみたいです。
男女問わず、手汗がひどいのはずっと付いてくる深刻な悩みとなります。

 

その悩みを解決する為にテサランがあるわけですが、制汗剤は他ドラックストアなどでも販売されています。

 

どうしてテサランの人気が一番で、手汗に高い効果が発揮できるのか?

 

ということについて説明していきますね。

 

 

テサランで手汗が出ない理論について

 

 

なぜテサランを使用することで手汗が抑えられるのか?ということについて根拠を説明しています。
理屈っぽくなるのでゆっくり読んでみて下さい。

 

手汗が出る汗腺はエクリン汗腺が90%以上と言われています。

 

エクリン汗腺は体のほぼ全てにあり、汗の9割がエクリン汗腺から出ています。

 

手にあるのはエクリン汗腺なので、ここから出る汗を抑えるということが大切になります。

 

ちなにみ脇・すそ・耳などにはアポクリン汗腺と呼ばれる汗腺があります。

 

「ワキガなど臭う原因」となるのはこのアポクリン汗腺から出る汗が原因です。

 

 

 

テサランを使うと、手の表面がコーティングされ、エクリン汗腺に薄い膜を張ります
そうすることで汗が出たくても、出られない状態となるので手汗を抑えることができるという理屈です。

 

 

テサランは水を弾くほどしっかりコーティングできるので多少の手洗いくらいでは効果は落ちません。
日中に3回以上手洗いする方は、回数を増やして使用するようにすれば問題なしです。

 

 

テサランを使うにつれて手汗が出にくくなる

 

汗が出なくなるのは体に悪いのでは?と思われる方もいるかもしれませんが、手から出なくなった汗は体のどこかしらから出ていくので問題はありません。

 

テサランの凄いところは使用していくうちに、テサランをしていないノーマルな状態でも手汗が出なくなるということでした。

 

これは実際に体験してみないと分からないことです。

 

人間の体は知らず知らずのうちに学習するものなので、手汗が出れなくなったら他の汗腺から出ようとします。
それが当たり前になれば、そっちから出る汗が優先されるようになったのだと思います。

 

 

朝寝坊した時なんかにたまーにテサランを忘れて出社してしまう時もあるわけですが、1日くらいならもう手汗は気になりません。
さすがにテサランなしでは1日が限界ですが、それでも何もしなくても1日は手汗が気にならなくなったわけですから大きな進歩です。

 

私はテサランを使用している間は手汗なんてまず気になりません。

 

そして万が一テサランを忘れてしまっても1日だけなら手汗はほとんど出なくなりました。

 

実際に口コミでも「手汗が出なくなった」との声は多数ありましたので私が特別なわけではないです。

 

 

⇒テサラン口コミはこちら